美点発見を提案 妻のカウンセリングが向上 誰にでも通じる確信が深まる

こんにちは。シラです。
今日も真我を開いて毎日を過ごすためにブログを書きます。
お読みくださりありがとうございます。


家族ぐるみで付き合いのある家族のおばあちゃんから妻に相談がありました。
相談というか悩みを聞いて欲しいという感じだったようです。


一緒に暮らす受験生の孫が不登校になってしまったそうです。
子供夫婦が共働きで仕事が忙しく、母親代わりになって孫の子育てをずっとしてきたのですが、その孫が学校へ行けなくなってしまい、何が原因か分からずどうしたらいいか全然分からない。


電話でその話をしている横に僕はいたので話が聞きもれてきていたのですが、妻の受け応えに驚いてしまいました。


ただただ話を聴く。
いいとか悪いとか評価もせず、具体的なアドバイスもせずただただ頷きながら相手の話を聴いてました。
そして最後に、


「うまくいくかは分かんないけど、私が思いついた方法があるの。
ノートを1冊買ってきて、○○ちゃんのいいところを100個書いてみて。
そして、もしできたらそれを○○ちゃんに読んであげてみて!」


と「美点発見」を提案してました(;゚Д゚)


以前に妻がこーちゃんのことで悩んでいたときに、一緒にこーちゃんの美点発見を100個書いてプレゼントしようと提案して実行したことがありました。

その時のブログ

こんばんは。シラです。今日も真我の実践に焦点を合わせて毎日を過ごすためにブログを書きます。お読みくださりありがとうございます。 小3の息子がそろそろ学校の勉強についていけなくなってきて、そのこ...

そして、その後

こんばんは。シラです。今日も真我に焦点を合わせて毎日を過ごすためにブログを書きます。お読みくださりありがとうございます。 今日は、先日夫婦で息子に対して美点発見100個ずつ合計200個をプレゼ...

この時のことが強烈に残っているんですね。


一般的な悩み相談ではなく、ただただひたすら相手の話を聴く姿勢の妻にも驚いたのですが、真我、YSメソッドをほとんど知らない妻が美点発見を提案したことにめちゃめちゃびっくりしました。
美点発見を提案するということは妻が美点発見の威力を感じてて、認めてる証拠。
これは嬉しかったし、誰にでも通じるという確信がまた深まりました。


また他にもすごいなと思ったことがあります。
おそらく話の内容からすると一般的には孫自身に問題があってその問題をなんとかしようと考える。または、そのおばあちゃんから見て、娘と孫の関係に問題があるからそこをなんとかしよう、と考えるのではないかと思うのです。ですが、そうではなく今相談者として悩んでいる目の前のおばあちゃん自身と向き合っているところ。


文章として書くとちょっと難しいですが、わかります??
横で聞いてて、なんか妻のカウンセリングレベルが格段にレベルアップしてるように思いました。
(カウンセリングをレベルアップさせたいとか全く妻は考えていないと思いますが…笑)




その後、「いろいろありがとね」と言って炊き込みご飯を作って我が家に持ってきてくれました。
直接話す機会が訪れたので、
「孫の○○ちゃんだけでなく、娘、夫、お婿さん、亡くなったお母さん…大切な人たちで一人ずつやってみたら何か変わるかもしれないし、何か気づくこと感じることがあると思いますよ」
「お金もかからなし一人でできるし、やれることがないかって思っていたんでしたらいいと思いますよ」
と補足しておきました。


その後どんな展開になっていくのか…気になるところです。