でさぁ、やったの??

こんばんは。シラです。
今日も真我を開いて毎日を過ごすためにブログを書きます。
お読みくださりありがとうございます。



毎日、清濁合わせ飲んでます(笑)



舞い込んでくることが良くも悪くも大きい、重たくて自分の器がコップからバケツくらいには広がってるかな?と思い今日も一日過ごしました。



今日、ブログを書こうと思ったことは「美点発見」について、です。



数ヶ月前、もしかしたら一年近く前かもしれません。
妻の大切な近しい人の家族が答えのない悩みを抱えてて、それに対して何かできないか?ということで僕が「美点発見ゲーム」をしました。
目から鱗、衝撃、強烈なインパクトがあったように感想をもらいました。
「これやってみる!」
そう言って帰っていきました。



で。さっきその人と妻が電話をしてて、



「でさぁ、前にやった美点発見『やってみる』って言ってたけどやったの?
100個書くって言ってたけどやったの??」



「まずさぁ、美点発見100個やってみなよ。で、ちゃんと伝えるんだよ」



妻が電話の向こうの妻にとって大切な相手に強くいってました。



それを聞いた僕は開いた口が塞りませんでした。



佐藤先生を知らない、いや、佐藤先生という存在は知りながら僕がちゃんと伝えれていないばかりに誤解して受け止めてる妻が、美点発見の威力と効果を十二分に分かって、それを大切な人に力説してました。
すごいと思いました。



詳しく書くと長くなるので書きませんがまとめると、全部愛が根底にあると感じました。
全部が愛だと思った次第です。



僕はその方に美点発見ゲームをやったことすら忘れてたのに、、
妻はちゃんと憶えてて



その方のその時の変化をしっかりキャッチしてた。



そして「やる」と言ってたことをちゃんと覚えてて
これが突破口になるかもしれないと感じてる。
そしてそれをちゃんと言葉にして強い口調で伝えてました。



発信者とかなんとかいうけど何か自分の中で勝手な妄想があったかもしれないと気づきました。
本当に大切に思う人・大切な人がもっと良くなってほしい、と愛を出す。
そういうことなのかな…。



※追伸


今、先ほどこのブログを書いてアップしてリビングに戻ると、妻自身が美点発見100を書き出すワークしてました。
意識してるのかどうなのかわかりませんが、「誰誰の問題」とするのでなく「自分自身の問題」として捉えてる(ように見える)妻に驚きました(゚Д゚)


なにこれすごい。